宝塚第一病院について

ごあいさつ

会長 ごあいさつ

会長 大室 儁

すべてを包み込む ゆたかな心が随所にあふれる病院私たち医療に携わるものは、「病気に対して、人間の心が実に深く関わりあっている」ということを常に実感させられます。病院はたしかに医療の力で病気を治すところですが、その科学の場で人間の心が実に不思議な力を発揮するのです。 それはひとつには、医師や看護師をはじめとした病院のスタッフ全員の、病気を治す手助けをしているという一致した熱意であり、いまひとつは病む人自身が治そうという強い意欲だと思います。そしてこのふたつの心が通じあった時、驚くほどの病状の好転を見ることができます。
私たちはこうした医療における人の心の摂理を知るにつれ、医療の場を、人と人とが深くふれ合う場として認識することが、とても重要だと思うようになりました。
思いやりと明るさと聡明さを持ったエンジェルをモチーフにした私たちのシンボルマークのとおりに、すべてを包み込むゆたかな心が随所にあふれる病院を理想とし、私たち全員が心を合わせて、そんな病院をつくりあげてゆきたいと念願しています。

院長 ごあいさつ

理事長・院長 那須 範満

より安全で高度な医療の提供を目指して…
昭和42年の開設以来、宝塚第一病院は24時間体制で患者さんを受け入れてきました。今では、いつでも診てもらえる救急病院として高い評価をいただいています。
しかし、周囲をとりまく医療情勢は大きく変化しています。その一つが超高齢社会です。これからも地域の皆さんが安心して生活していただくためには、医療・介護の連携が重要となってきます。
それに対応すべく、宝塚第一病院は近隣の医療機関や介護・福祉施設との連携を強化するとともに、急性期病院として地域の医療ニーズに応えられるように最新の設備の導入やスタッフの充実に努めています。
そして、これからも「地域から信頼され、人に優しい医療の提供を目指して」の理念のもと、より安全で高度な医療を提供していきたいと考えています。

このページのトップへ ▲