予防接種

予防接種について

予防接種とは?

感染症の原因となるウイルスや細菌が作り出す毒素を弱めてワクチンを作りそれを体に接種して、その病気に対する抵抗力をつくることです。

生ワクチンと不活化ワクチン

生ワクチン
生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、その病気にかかったときと同じように抵抗力ができます。

不活化ワクチン
死んだ細菌やウイルスから必要な成分を取り出し毒性をなくして作ったもので、数回接種することによって抵抗力ができます。

定期接種と任意接種

定期接種
法律で定められている接種で、定められた期間と回数で接種すれば無料で受けることができます。万が一健康被害が起こった場合は予防接種法に基づく補償を受けることができます。

任意接種
予防接種法に基づかない接種で、接種の判断は患者様にお任せしてます。費用は基本的に患者様負担になります。万が一健康被害が起こった場合は独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を受けることになります。

このページのトップへ ▲