宝塚第一病院について

沿革

1967年 7月17日 大室病院設立(35床) 院長 大室 一夫
1972年 3月22日 医療法人 尚和会 設立
1976年 10月31日 大室 㒞 大室病院院長就任
1977年 6月 2号館完成 111床に増床
  11月1日 「医療法人 尚和会 第一病院」の名称となる
1980年 12月 131床に増床
1986年 1月9日 181床に増床
  9月9日 兵庫県知事表彰「救急医療功労者医療機関」
1989年 11月9日 西宮税務署表彰「優良申告法人」(1994年、1999年、2004年、2009年 同表彰授与)
1991年 9月28日 兵庫県知事表彰「優良集団給食施設」
1995年 1月17日 阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)により多大な被害
  3月16日 医療施設近代化整備事業及び看護婦宿舎施設整備事業着手
  5月 震災記録誌「阪神大震災 その時第一病院は…(人がひとを救うという事)」発行
1996年 3月15日 病院新改築工事着手
  7月2日 看護婦宿舎「アンジェール宝塚」竣工
1999年 2月1日 新改築工事完成 一般158床+療養型53床 計211床
2000年 9月8日 厚生大臣表彰「救急医療功労者医療機関」
2001年 6月1日 那須 範満 院長就任 (大室 理事長専任)
  11月1日
介護老人保健施設「ケアヴィラ伊丹」開設
併設  ・グループホーム「ケアホーム伊丹」
・訪問看護ステーション「くすのき」
・診療所「伊丹大野診療所」
・ケアヴィラ伊丹居宅介護支援事業所
2002年 3月1日 電子カルテに向けてのオーダリングシステム開始
2003年 3月1日 病床種別変更 一般191床+療養20床 計211床
  4月1日 「医療法人尚和会 宝塚第一病院」に名称変更
2004年 2月16日 日本医療機能評価機構認定病院として認証
  8月 電子カルテシステム稼動(外来) 病棟は11月より
2005年 4月1日
介護老人保健施設「ケアヴィラ宝塚」開設
併設  ・グループホーム「ケアホーム宝塚」
・ケアヴィラ宝塚居宅介護支援事業所
  7月 国土交通大臣感謝状「JR福知山線列車事故医療活動協力」
  9月27日 厚生労働大臣表彰「優良給食施設」
2006年 12月 社会保険庁長官表彰〔健康保険、厚生年金保険事業への貢献」
2007年 6月 病床種別変更 一般211床(療養病床をすべて一般病床に)
2008年 4月 宝塚リハビリテーション病院開設
2009年 4月1日 DPC対象病院として認可
  7月3日 日本医療機能評価機構認定病院(version.5)認証
2010年 11月 新電子カルテシステム稼働
2011年 4月1日 那須 範満 理事長就任(院長兼任)、大室 㒞 会長就任
2014年 7月4日 日本医療機能評価機構認定病院認証更新
  9月1日 地域包括ケア病棟開設(6階病棟)
  10月1日 病床数変更 211床→199床

このページのトップへ ▲