宝塚第一病院について

栄養部のご紹介

栄養部では入院患者様への食事の提供や食事相談などを通じて疾患治療をサポートしています。

お食事について

入院中のお食事は、患者様それぞれの病状に合わせてご用意しています。美味しく食べやすい食事で治療につながるよう、できる限り個別の対応に努めています。

配膳

保温・保冷機能が付いた配膳車を使い、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく、美味しい温度で患者様のお手元にお届けしています。また、毎食、栄養士や調理スタッフが直接お部屋まで配膳していますので、患者様のご意見を伺うことができます。

献立

献立は、医師の指示を受けて栄養士が作成し、患者様個々の病状に合わせた食事をご用意しています。エネルギーコントロール食(糖尿病食)、蛋白質コントロール食(腎臓病食)、易消化食(胃潰瘍食)、アレルギー食など様々な疾患の他に、成長に合わせた離乳食や小児食、嚥下が困難な方に対応した嚥下食など様々な食事を提供しています。

食事形態について

退院後も安全に食事を召し上がれるよう、地域の病院や施設と食事の情報交換を行っています。(「宝塚食形態検討会」)
当院の食事の形態(ゼリー、ミキサー、刻みなど)も写真入りの一覧表で紹介しています。
 ⇒ 詳細はこちらをクリックしてください。(PDF)

選択食

昼食と夕食はメインのおかずを2種類から選ぶことができる選択メニューの他に、外食気分を味わっていただけるグレードアップコースも実施しています。主食はパン、ご飯、かゆのいずれでも選んでいただけます。

 

行事食

お正月、端午の節句、クリスマスなど季節を感じていただけるよう、行事食をご用意しています。
また、嚥下が困難な方にも味わっていただけるよう、ゼリー食なども工夫しています。

各種メッセージカード

備蓄食品

災害時等、通常の食事提供が困難になった時のために、3日分の食料を備蓄しています。

栄養相談について

医師の指示に基づき、入院患者様には入院中や退院後の食生活について、管理栄養士が個別に栄養相談を実施しています。外来でも実施していますので、ご希望がありましたら主治医、看護師にお申し出ください。

栄養外来 火曜日 14:00~17:00
金曜日 9:00~12:00
14:00~17:00

栄養管理、NST(栄養サポートチーム)について

栄養管理はすべての疾患治療に必要な医療のひとつです。
NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)とは、患者様の個々の治療に適切な栄養管理を実施するために、医師だけでなく、看護師、管理栄養士、薬剤師、言語聴覚士等で構成された医療チームです。栄養補給方法や栄養量とその内容の提案を行い、食事・輸液を問わず、患者様の治療、回復を支援しています。

このページのトップへ ▲