宝塚第一病院について

放射線室のご紹介

64列マルチCT装置

短時間で広範囲を撮影する事ができ救急医療に欠かせない装置です。
0.5mmスライスで撮影する事が可能で、画像処理を行う事で多断面からの画像や3D画像を作成して診断に役立てられています。

 

1.5テスラMRI装置

強い磁石と電磁波を使って体の内部の情報を画像化したもので、放射線を使用しておらず、被曝をすることなく人体を任意の角度で観察することができます。また、造影剤を使用せずに頭部や頸部の血管の情報を得ることができます。頸椎や腰椎のヘルニアなどもよくわかります。

 

マンモ撮影装置

マンモグラフィー検査とは、乳腺・乳房専用のX線撮影(レントゲン)で、専用のX線装置で乳房を圧迫しながら撮影します。触っても判らない小さなしこりは勿論、しこりを作らない乳がんや乳がんの可能性のある石灰化も見つけることができます。当院では、乳がんの早期発見に有効な手段としてのマンモグラフィー検査を安心してうけていただけるよう、マンモグラフィー検査精度管理中央委員会が推進する装置を設置しております。

 

一般撮影装置

一般撮影装置とは、風邪をひいて高熱がでて咳がとまらない時に胸の撮影をしたり、骨折が疑われるときなどに始めに撮影されるもっとも普及している撮影装置です。

 

X線透視装置

胃や腸の検査や骨折の整復術を行う時に必要な装置です。
午前中は主にバリウムを使用した胃・腸の検査(検診など)をおこなっています。
午後は大腸カメラを使った検査治療。膵臓・胆のう・胆管に対する内視鏡的特殊検査治療。
嚥下困難な方の機能評価検査などおこなっています。

 

全身用骨密度測定装置

骨粗鬆症の診断に必要な装置です。
骨折の危険性の評価など骨の強度が骨塩量を調べる事で判断できます。
測定部位は、腰椎・大腿近位部(股関節)・前腕部と目的に応じて検査できます。
検査時間は約10分以内、骨密度測定結果表もお渡しします。

このページのトップへ ▲