宝塚第一病院について

リハビリテーション室のご紹介

はじめに

リハビリテーション部門の理念・基本方針に基づいて、身体機能・動作能力・QOL等の改善を図り、住み慣れた地域社会・家庭への早期復帰に寄与します。
主に急性期の患者さんを対象としますが、必要に応じて回復期、維持期・慢性期の患者さんも対象としています。具体的には、骨・関節・靱帯損傷、筋疾患、末梢神経疾患、中枢神経疾患、廃用性疾患、呼吸器疾患などの疾患や障害を有する患者さんを対象としています。
院内の連携に関してはリハビリテーション医療チームの一員として各種専門チームの一役を担っています。具体的には、感染防止対策チーム(ICT)、医療安全対策チーム、褥創対策チーム、栄養サポートチーム(NST)に参加しています。また、整形外科回診、脳神経外科回診、内科脳卒中回診、リハビリテーション回診について定期的に参加、また、病棟との定期カンファレンスを行い、医師、看護師など他職種との情報交換を積極的に行っています。
関連施設として、宝塚リハビリテーション病院、介護老人保健施設ケアヴィラ伊丹・ケアヴィラ宝塚があります。尚和会療法部内での療法士の異動により、急性期のみならず回復期、維持期を経験した療法士が集まっている為、それぞれの知識や経験を活かして機能回復を促します。
院外との連携に関しては、回復期や維持期におけるリハビリテーションを他の施設や地域で継続して行う場合には、円滑な移行ができるよう必要な情報提供を致します。
その他、近隣の療法士養成校の実習施設としての一翼も担い、後進の育成にも取り組んでいます。

理念

住み慣れた地域で幸せに生活ができるための支援に努めます。
他の専門職と協働し連携を活発に行った質の高いリハビリテーションを目指します。

基本方針

1. 親切にそして謙虚な姿勢で患者さんの機能回復を支援いたします
2. 他の専門職と協働し連携を活発に行った質の高いリハビリテーションを目指します
3. リハビリテーション医療・技術を日々研鑽いたします
4. 地域リハビリテーションの推進に努めます

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
運動器リハビリテーション料Ⅰ
呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

 

療法時間

入院患者 月曜から土曜まで(祝日を除く) 9:00~17:30
外来患者 月曜から金曜まで(祝日を除く) 9:00~12:30(午前受付終了は12時)
16:00~17:30
土曜日 9:00~12:30(午前受付終了は12時)

※外来での理学療法・作業療法・言語聴覚療法は完全予約制としています。

部門紹介

理学療法(PT)Physical Therapy

入院患者では、整形外科が約半数を占め、大腿骨頚部骨折・腰椎圧迫骨折・脛腓骨骨折・足根骨骨折・上腕骨骨折の運動療法を発症後または術後早期より開始しています。内科では、肺炎などの呼吸器疾患や内科治療中の安静臥床に伴う廃用症候群に対して、離床を進め、日常生活動作能力改善に取り組んでいます。また脳神経外科の慢性硬膜下血腫・脳梗塞・脳出血・くも膜下出血患者の早期離床による機能訓練、外科の術前術後の呼吸理学療法にも対応しています。
外来患者では、整形外科と脳神経外科を中心に、下肢骨折後の社会復帰に至るまでの機能訓練や肩関節周囲炎や変形性関節症などの自主訓練指導、脳梗塞後遺症などの運動療法を行ないます。

 

作業療法(OT)Occupational Therapy

入院患者では、内科的治療中の廃用症候群に対して日常生活動作能力の改善や作業活動を通して離床を促しています。また、脳梗塞・脳出血などの急性期から積極的に離床を進め機能訓練を行ないます。
外来患者では、整形外科と脳神経外科を中心に、橈骨遠位端骨折や手指骨折の術後、また脳梗塞や脳出血後の後遺症患者に対して、機能訓練から作業活動を通じた動作能力向上訓練を行ないます。

 

言語聴覚療法(ST)Speech-Language-Hearing Therapy

入院患者では、摂食嚥下訓練を中心として肺炎後の食事再開時の嚥下評価を行い安全に経口摂取できるよう嚥下訓練や環境調整を行ないます。必要な方には嚥下訓練に続き、言語訓練・認知機能訓練も継続して行ないます。
外来患者では、失語症や構音障害に対する言語訓練、注意障害や記憶障害などの高次脳機能障害に対する訓練などを行います。また、物忘れ外来からの知能検査・認知機能検査も行います。

 

よくお問い合わせいただく質問について

  • 他院で手術をした後で、まだ十分に動けないので外来でリハビリできますか?
  • 他院で手術をされていてもリハビリが必要な身体機能であれば外来でのリハビリをさせていただきます。各診療科の医師の判断が必要ですので、紹介状持参の上、外来診察をうけてください。
  • 介護保険のリハビリだけじゃなく病院でのリハビリも受けたいのですができますか?
  • 介護保険におけるリハビリテーション(通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション・訪問リハビリテーション・介護予防訪問リハビリテーション)を利用されている方は、当院でのリハビリテーションとの併用はお断りさせて頂いております。また、介護保険におけるリハビリテーションの利用を開始される方に関しては、状況に応じて情報提供を行います。
  • リハビリを集中して行うために入院してリハビリを受けることはできますか?
  • 疾患や症状、発症からの期間等によりリハビリテーションが必要かどうかを各診療科医師が判断しますので、地域医療連携室にお問い合わせください。詳細をお聞きしたうえで、適応かどうか医師と検討致します。入院可能となった場合でも、入院期間は限定させて頂くことがあります。

このページのトップへ ▲