診療科のご案内

こう門外科

当院では特にこう門外科は設けていませんが、肛門疾患は本来外科の疾患ですので、肛門に関する病状でお悩みの患者様は外科の平常診察時間に受診して頂ければ結構です。
肛門疾患には主に、裂肛(切れ痔と言われることが多いです。)、痔瘻(あな痔と言われることがあります。)、痔核(いぼ痔と言われることが多いです。)などがありますが、頻度で言いますと大部分は痔核です。

痔核(じかく)

まずは痔核に関して簡単に説明します。肛門の周囲は痔静脈という血流が豊富な部位ですが、この部位はうっ血して血栓ができやすくこれが固まりとなって痔核が出来ます。内視鏡で観察すると下の左のように血栓が固まって痔核となっています。また、下の右の図のように肛門の中にできれば内痔核、肛門の外にできれば外痔核と言いますが、内痔核が大きくなって排便時などに肛門の外に脱出してくる場合に脱肛と言われます。痔核は便秘症の人で症状がひどくなりやすい傾向にあり、便が固かったり中々出にくくて長時間トイレで座っていたりして、痛み、出血、脱肛の痔核の三大症状が出やすくなります。

痔核の治療法には、まず最初に手術をせずに坐薬による治療を行います。これで軽快しなければ手術を行いますが、それほどひどくなければ『ジオン』という硬化剤を注射する切らない手術を行います。これでも効果ない場合やひどい痔核の場合は痔核を切除する手術を行います。この三つについて簡単に説明します。

1.坐薬治療

ロケット型とチューブ型の両タイプがあります。まず座薬で治療を行いますが、軽度であれば座薬がよく効いて症状はかなり緩和されます。座薬が効かないと次の手術治療になる事が多いです。

2.ジオン注硬化療法

内痔核にたいして(多くの場合は脱肛も適応になります。)アルタ(硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸です)という硬化剤を内痔核に注射して痔核の血流を減らす治療法です。局所麻酔での手術ですので、日帰り手術や一泊入院手術で行えます。詳しくはジオンのHPを参照下さい。

3.痔核切除術

昔ながらの痔核を含めて肛門粘膜を切除して縫合する方法です。腰椎麻酔で行いますが、出血のないのを確認するので3-5日の入院が必要です。これは古い方法かもしれませんが、痔核がひどい方には適応があり症状が改善することが多いです。

このページのトップへ ▲

痔瘻(あな痔)

原因は不明ですが、肛門の中とお尻の皮膚に瘻孔というトンネルが形成されます。この瘻孔が出来た場合に、ここに感染が起こるとお尻の皮膚から膿(うみ)が出てきます。また、その瘻孔の途中で膿がたまってお尻の外に出ないと肛門周囲膿瘍となって痛みや発熱を生じます。肛門周囲膿瘍は多くは切開排膿しないといけない事が多いです。この瘻孔というトンネルがはっきりすれば、根治治療としての瘻孔切除術を行います。手術は肛門周囲膿瘍は範囲が小さければ局所麻酔で行い、範囲が広ければ腰椎麻酔で行います。入院する場合は数日間の期間になります。

裂肛(切れ痔)

これは必ずしも上記の痔核や痔瘻とは直接関係せず、堅い便が出たり便秘で長い時間いきんだり排便後に紙で強く拭いたりして起こります。下図の様に肛門粘膜の裂傷です。ただ肛門の皮膚に近い場合には痛みが強いです。自然に直りますが痛みや出血の症状が強ければ坐薬で治療します。
また、お尻からの出血が続いていて痔核であろうと放置しておくと大腸癌であったということもあります。大腸癌の検査も同時に出来ますので、お尻だからと恥ずかしがらずに、気軽に肛門の診察を外科で受診して下さい。

このページのトップへ ▲