薬剤師募集について

はじめに

当院は、地域に密着した明るく親切で清潔な病院です。
「地域から信頼され、人に優しい医療の提供を目指して」の理念のもと、薬剤部では常に患者さまのことを大切に考えて日々の業務を行っています。
医師、看護師やその他の職種と協力したチーム医療への取り組みや、幅広い知識とより専門的な情報提供を通して、より安全性の高い医療を提供し、患者さまやそのご家族に気持良く帰っていただけるよう努力しています。
また、日々の業務の中だけでなく、院内勉強会や、院外の研修への参加を通して、スキルアップを目指しています。病院組織としても非常に理解があり、新しいことにも挑戦しやすい環境になっています。
患者さまを想い、私たちと一緒に取り組みましょう。

薬剤部 室長 利見 千絵子

宝塚第一病院 薬剤部の良いところ

業務について

入院中の患者様のお薬は、処方箋が発行されたら、薬剤師が必ず処方を確認し、用法・用量、相互作用の有無等、細心の注意を払いながら調剤を行っています。
また、必ず別の薬剤師が、監査をすることで、一枚の処方箋に幾人もの薬剤師の目が通り、患者様が安心して薬を服用できるよう努力しています。
注射薬も同様の形で調剤業務を行っています。
製薬会社や厚生労働省などから得た、薬の新しい作用や副作用、安全性情報の中で、必要なものをまとめ、医療従事者向けにDIニュースを発行しています。
又各部署より薬に関する質問があれば、製薬会社に問い合わせる等対応を行い、得られた情報は、薬剤部内の他、必要とされる部署にフィードバックしています。
その他、入院された方だけでなく外来より依頼を受けた患者様のお薬の確認や、院内の医薬品集の発行、患者様向けパンフレットの取り寄せ、作成などを行っています。
当院では、数年前より外来・入院患者様の抗がん剤の無菌調製を100%行っています。
処方箋が発行されると、患者様の病名、投与量・投与時間等様々なチェックを行います。
投与当日は安全キャビネットを使用して調製しています。
製薬会社や厚生労働省などから得た、薬の新しい作用や副作用、安全性情報の中で、必要なものをまとめ、医療従事者向けにDIニュースを発行しています。
又各部署より薬に関する質問があれば、製薬会社に問い合わせる等対応を行い、得られた情報は、薬剤部内の他、必要とされる部署にフィードバックしています。
その他、入院された方だけでなく外来より依頼を受けた患者様のお薬の確認や、院内の医薬品集の発行、患者様向けパンフレットの取り寄せ、作成などを行っています。

数字で見る薬剤部

1日の勤務の流れ

朝会
始業時に全員でミィーティングを行い、情報共有を図ります。
調剤
外来患者さまの院外処方せんのチェックと並行して、入院患者さまの調剤を行います。
注射調剤
1施用ごとに薬剤師が調剤・監査を行います。

ミキシング
抗がん剤は安全キャビネットを用いて薬剤師が調製を行います。
病棟業務
病棟で患者さまへの服薬指導や他職種を交えてのカンファレンスを行います。

「新卒の方も既卒の方も気軽なお問い合わせお待ちしております」

このページのトップへ ▲